ワードプレスを一つのドメイン内の別のフォルダに複数インストールすることが可能です。こちらの方法を解説いたします。

ワードプレスを一つのドメイン内の別のフォルダに複数インストールする方法と手順

手順1 ワードプレス用のデータベースを作る

各サーバーのデータベース作成手順に従いデータベースを作成します。
このデータベースのデータベースのURLアドレス、データベース名、ユーザー名、パスワードを控えておきます。

※サーバーのワードプレスの自動インストール機能は使用しないようにされてください

参考
初心者向け ドメインを取得し、ワードプレスをインストールする

手順2 ワードプレス本体のデータをダウンロードしてwp-config.phpと.htaccessファイルを作る

ワードプレスをダウンロードして、ZIPファイルを解凍します。
↓ダウンロードはこちらから

解凍したフォルダの中のwp-config-sample.php をwp-config.php に名称を変えて下記のデータベース接続情報を 手順1 で控えた情報で埋めます。

/** The name of the database for WordPress */
define( 'DB_NAME', 'データベース名' );

/** Database username */
define( 'DB_USER', 'ユーザー名' );

/** Database password */
define( 'DB_PASSWORD', 'パスワード' );

/** Database hostname */
define( 'DB_HOST', 'データベースのURLアドレス' );

またa.htaccessというテキストファイルを作り、wp-config.php と同じフォルダに配置し、下記のように記載します。

※サブフォルダ名 の部分は半角英数のサーバー上でインストールされたいサブフォルダ名を入力してください。

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
RewriteBase /サブフォルダ名/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /サブフォルダ名/index.php [L]

# END WordPress

手順3 データをサーバーにアップロード

で、サーバーに接続の上、手順2のサブフォルダを作り、そこにワードプレスの全データをアップロードします。

また、サーバー上のa.htacessを.htaccessに名称を変更し有効にします。

最後にそのサブフォルダにアクセスしてワードプレスの名称やパスワード等を設定すればインストール完了です。

//インストールしたドメイン/サブフォルダ名/

WordPress ワードプレスドクターワードプレスサイトのエラーの修正、復旧、移行などのご依頼・ご相談はワードプレスドクターまでお気軽にお送りください